アトピー 原因 細菌

すこやか地肌のバナー

肌の細菌がアトピー発症に大きく関わっている!?

どんな病気でもそうですが、正しく治療するには発症の原因を突き止めることが必須です。

 

しかし、そんなに簡単に病気の元が発見できれば苦労はないわけで、世にある難病の多くが原因不明という現実が語るように、未だ発症のメカニズムがつかめていないのが現状です。

 

現代社会で多くの人が罹患しており、「奇妙な珍しいもの」という言葉が語源のアトピー性皮膚炎も、すっかり珍しいものではなくなってしまいました。

 

アレルギーが原因に関わっていること以外は、アトピー発症の仕組みはきちんと解明されていなかったのですが、この度、注目の研究結果が発表されたのです。

 

その主旨は「細菌」がアトピー発症に深く関わっているというものです。

 

 

この驚きの発表を行ったのは、米国立衛生研究所(NIH)という機関の永尾圭介主任研究員と、慶応義塾大学(共同研究)。

 

アトピーを発症した皮膚には「黄色ブドウ球菌」と「「C・bovis」という2種類の細菌だけが目立ったというものです。細菌、というと何か病的なイメージがありますが、もともと健康な人の肌にも細菌は普通に生息しています。

 

ところがアトピー患者の肌は上記の特定の菌のみが増え、全体の細菌のバランスが崩れているということです。この二種類の細菌に効く抗生物質を投与すると症状が軽快したとのこと。

 

ただし、黄色ブドウ球菌がアトピーに関わっているのは昔から知られていたことで、たとえばアトピーの患部をイソジンなどの消毒剤で殺菌すると、一時的に症状が軽くなることはよくありました。

 

その意味ではこの発表は特に目新しさを感じないのですが、殺菌によってアトピーが軽快することはきちんと動物実験が行われていなかったらしく、今回はそれをしっかり検証したことに価値があるようです。

 

割りとアトピーに画期的な治療法発見!というセンセーショナルな研究結果は定期的に発表されますが、知っている限り実用化レベルになったものというのは思い当たりません。

 

免疫抑制剤のタクロリムスを活用したプロトピック軟膏の登場はかなり大きなニュースだったと思いますが、未だアトピー根治の光は見えないのが現状です。

 

花粉の時期や汗をかく夏季、肌が乾燥する冬季はアトピーを悪化させてしまう方がたくさんいます。早く、副作用が無くて効果的なアトピー治療法が確立されて欲しいと切に願うところです。