ココナッツオイル 頭皮クレンジング

すこやか地肌のバナー

ココナッツオイルは万能アイテム?

みずみずしいココナッツオイル

 

ココナッツオイルがとても万能なオイルとして、注目をされています。

 

スーパーやドラッグストアなどでも簡単に手に入るようになりました。世界的に有名なセレブたちもココナッツオイルを愛用していた!として雑誌やテレビでも頻繁に特集されていますね。

 

まだまだ注目されたばかりですが、その効果には多くの人が納得しています。

 

収穫されたばかりのココナッツの種子からオイルを抽出したものを「ヴァージンココナッツオイル」と呼びます。化学物質が含まれず、ココナッツオイルの成分がたっぷりそのまま含まれています。

 

ココナッツオイルには「ラウリン酸」という中鎖脂肪酸の成分でできています。体内に取り入れても蓄積せずに、すぐにエネルギーに変わっていきます。

 

また、体のお掃除をして排出されるものになります。抗酸化力、抗菌力もある為、食べることによって健康になるオイルとされています。

 

スキンケアにかなり有効

また、保湿力に優れ、抗酸化成分・抗菌成分が含まれていることでスキンケアにもとても良いとされています。切り傷やすり傷に薬として使うこともできますし、紫外線カットの効果もありますので日焼け止めとしても使えます。

 

南国美人!という言葉があるようにココナッツ地域の女性はとても肌がツヤツヤしていて綺麗ですよね。ヘアケアからスキンケア、身体中にココナッツオイルを使用しているそうです。もちろん、食べてもいますしね。

 

とにかくココナッツオイルが万能で、さまざまな場面で使う人が増えています。キッチンに1本と、化粧台やお薬箱に1本など常備必須アイテムとして揃えている人もいます。

 

ココナッツオイルを使った頭皮クレンジングのやり方

ココナッツオイルは頭皮クレンジングにはとても良い天然オイルです。ハリとツヤを回復してくれて、健康な髪の毛を取り戻し、維持してくれます。

 

頭皮は毛穴の汚れや皮脂の詰まりなどによって雑菌の繁殖を促し、過酸化脂質という物質が発生してしまいます。その過酸化脂質は頭皮トラブルの原因でもありますし、フケや臭い発生の原因でもあります。

 

ココナッツオイルには、抗酸化・抗菌のはたらきがあり、そういった物質の発生を抑制してくれます。

 

また、オイルクレンジングをすることによって、余分な皮脂や汚れが浮き出てきますので、ゴシゴシと痛いくらい頭皮を洗うよりもお手軽に頭皮を綺麗にすることができます。

 

また保湿力がとても高いので、頭皮の乾燥を防ぎますし、髪の毛の中にも成分が浸透し、髪の毛の中からの潤いを実現していきます。

 

頭皮クレンジングの方法は、大さじ2-3杯のココナッツオイルを30秒ほどレンジで温めます。溶けきってない部分はスプーンで混ぜて溶かしてしまいましょう。

 

あとは頭皮に対し数回に分け揉みこむように塗ります。その際、爪は立てずに指の腹でクルクルと揉みこむようにしてください。頭皮をマッサージするように揉みながら、少しずつ髪の毛にもオイルを浸透させていきます。

 

全体的にオイルが馴染んだら、30分くらい蒸しタオルで巻いておくのが理想的です。オイルの保湿成分などが内部までじっくり浸透するイメージです。

 

あとはしっかりと洗い流してください。その後シャンプーをするのですが、シャンプーもノンリシコンやオーガニックなど頭皮に優しいものを使うとより効果が出ます。

 

ノンシリコンシャンプーのメリット