頭皮 日焼け 抜け毛

すこやか地肌のバナー

頭皮の日焼けを放置するとやがて抜け毛に・・・

 

太陽は人間になくてはならないものですが、同時に毒にもなりえるものですよね。

 

特に肌にとっては、紫外線の影響はあらゆる肌トラブルに結びつく可能性があり、できるだけ避けたほうがいいのも現実です。

 

そして忘れられがちなのが「頭皮の日焼け」。特に女性は髪に覆われているので大丈夫だろう、と考えてしまいがちですがこれがまったく油断なりません。

 

帽子でも被らないかぎり、頭皮は太陽の前であまりにも無防備。特に毛髪の黒色はメラニン色素の塊なので、太陽光を浴びることで大きなダメージを受けます。

 

もちろん髪だけではなく、その下にある頭皮、毛穴も要注意です。髪を育てる大事な部分が紫外線でダメージを受け続けると、髪の正しい成長を妨げて抜け毛、薄毛になる可能性もあるのです。

 

そんな怖い太陽光線(紫外線)や、有効な対策についてまとめました。

 

紫外線の種類について

紫外線対策・UVケアという言葉をよく耳にすると思いますが、紫外線とは何でしょう?

 

太陽光線の種類になります。X線・ガンマ線・赤外線・可視光線・紫外線という種類になります。X線・ガンマ線はオゾン層が吸収してくれますので、地上には届きません。

 

その中の紫外線ですが紫外線A・紫外線B・紫外線Cとされます。波長の長さで分類され、強さはC→B→Aと弱くなります。紫外線Cは現時点では地上までは届いていないとされていますが、標高の高い山などでは届いている可能性もあります。

 

紫外線Aは日常的に四季を問わず、地上に降り注いでいます。有害性は弱いとされますが、活性酵素を発生させ、「光老化」と呼ばれますが老化現象を引き起こします。

 

この紫外線から細胞を守るために私たちの体はメラニンを生成します。メラニンが肌の細胞を守っています。

 

紫外線Bは近年までは届いていないとされていましたが、紫外線Aの100-1000倍の悪影響があり、赤みや痛み、水ぶくれなどは紫外線Bが原因とされています。

 

日焼けが抜け毛のリスクを高める理由

頭皮も紫外線を浴びれば日焼けします。そして、日焼けは抜け毛の原因とされていますので注意しましょう。毛髪にも頭皮にも紫外線は悪影響を与えます。

 

紫外線を浴びた毛髪は、黒髪内部のメラニンを分解してしまい、赤茶けた色になります。また毛髪はタンパク質ですが、タンパク質を結合しているシスティンがダメージを受け、枝毛や切れ毛の原因となります。パサついた髪の原因にもなります。

 

紫外線を浴びた頭皮は、更に深刻な影響を受けます。髪の毛をつくる毛母細胞の機能不全です。抜け毛や薄毛の症状に直結します。

 

また、頭皮内にある毛根にはメラニン生成する細胞がありますが、紫外線ダメージを受けることによってこちらも機能不全を起こします。そのために白髪となって髪の毛が生えてきてしまいます。

 

つまり紫外線には髪の毛の健康を阻害する機能があり、細胞の機能不全による抜け毛や薄毛が起きやすくなります。

 

頭皮や毛根にも再生機能はあるのですが、紫外線を浴び続けることによって再生機能自体も機能不全を起こしますので、やはり紫外線はできるだけ防ぐ方がよいです。

 

おもな頭皮のUV対策について

頭皮の浴びる紫外線量というのは顔の3倍にもなります。顔や手足のUVケアに気を使っていても頭皮はそのまま!という人も多いのではないでしょうか。

 

最近ではスプレータイプのUVケア商品がたくさん市販されています。セットアップした後の髪に出かける前に頭皮に向かってスプレーしておくと安心ですね。

 

手軽に使用できますし、ベタつきもなく透明スプレーとのことで使いやすいです。しかし、必ずしっかりと洗髪をしておくようにしましょう。頭皮への成分残りは、頭皮トラブルに繋がります。

 

その他の対策としては、屋外に出ている時は帽子を被るようにするのがよいです。夏場は蒸れないよう通気性のよいものを選びましょう。

 

日傘もよいですね。最近では晴雨兼用傘というのもありますので、バッグに1本常備しておいてもよいですね。

 

オゾン層の破壊問題などもあり、昨今の紫外線量は年々増えていると言われていますので、夏場でなくても、日を浴びる時にはなるべくUVケアを心がけるようにしましょう。