花粉 頭皮 肌荒れ

すこやか地肌のバナー

花粉で頭皮がかゆくなる・肌荒れする原因は

花粉症に悩まされる女性

 

花粉にアレルギーのある人は、花粉の影響を受けて頭皮もかゆくなったり、肌荒れを起こしたりしやすくなっています。

 

最近は「花粉皮膚炎」という症状名もすっかり定着してきました。

 

花粉は粘膜に付着しやすいので、目や鼻などの症状がすぐに起こりやすいのですが、頭皮や肌にも花粉は付着します。血液がアレルギー反応を示しますので、体中のどこにでも影響は出てくるものです。

 

頭皮や肌はとてもデリケートな部分でもありますので、アレルギー症状としてかゆみや肌荒れが発症してしまうのです。特に頭皮は髪の毛に覆われているため、毛髪の汚れなどによって雑菌が繁殖しやすい環境でもあり、皮膚の表面にかゆみを伴う湿疹などが出やすくなっています。

 

大切なことは、かゆいからといって頭皮をかかないようにすることです。かいてしまえば炎症は更に悪化しますし、他の頭皮トラブルにもつながってきます。

 

まずはアレルゲンを取り除くことを意識してみてください。外出から戻った際には、全身から花粉を落とすようにして室内に入るなどアレルゲンを保管しないようにしましょう。

 

花粉シーズンは頭皮の肌荒れ対策も重要

花粉シーズンは、頭皮の肌荒れ対策も重要になります。特に頭皮にかゆみや肌荒れの出てしまう人は、入念なケアを意識しましょう。

 

また外出時は帽子を被るなど直接花粉を取り込まないような予防策を意識してみてください。

 

アレルギー症状は自分自身のコンディションにも左右されますので、体調の悪いときに無理などをすると、よりアレルギー反応が強く出やすい状況になってしまいますので、休養はしっかりと取り、安定した生活サイクルを意識してくださいね。

 

あとは、こまめにシャワーを浴びることです。

 

特に頭皮に症状が出てつらいという場合には、シャンプーだけでも1日2回などできると良いですね。アレルゲンを取り除くことが症状緩和の近道です。

 

また、シャンプーはなるべく刺激の強くないものを選んでください。ノンシリコンやオーガニック、アミノ酸系シャンプーなどの注目が高くなっています。

 

花粉によって頭皮がダメージを受けている状況下ではあるので、シャンプーの刺激によって更に悪化してしまう可能性はありますので、気をつけてください。

 

アレルギー改善が期待できる減感作療法とは

最近、花粉症などアレルギー疾患の治療のひとつで注目を浴びているのが、「減感作療法」です。

 

アレルギー疾患に対しては、症状を和らげるための対症療法がメインですが、「減感作療法」というのは原因そのものを無くしていこうと完治を目指す原因療法となっています。

 

しっかりと医師の管理下で行う必要がありますので、注意してください。原因となるアレルゲンを確定し、ごく微量のアレルゲンを体内に注入します。

 

ごく微量であれば、体の免疫機能は誤認をし、反応しないとされています。そしてご回数を重ねながらごくごく微量ずつアレルゲンを増やしていきます。

 

少しずつ増やしていくことによって、体の免疫機能にそのアレルゲンは敵ではない!と認識させ、反応をしないことを目指していきます。

 

この方法は現在、アレルギー症状を治癒させる方法として定着しつつあります。

 

ただし治療法を間違えれば悪化させるどころかアナフィラキシーショックなどを招き命に関わる可能性もあるので、必ず医師の管理下であることが必要ですので、医師に相談しましょう。