頭皮 かゆみ シャンプー

すこやか地肌のバナー

頭皮のかゆみ・傷めるシャンプーの傾向は

シャンプーのセット

 

頭皮のかゆみや肌荒れの原因には、シャンプーにもあります。

 

まず、大前提として人の体はすべて食べることのできるもので作られているという健康や安全があります。そして、皮膚も栄養を吸収します。

 

つまり、口に出来ないもの=皮膚からの摂取も好ましくない、ということです。

 

さまざまなシャンプーが市販されていますが、サラサラ感やツヤを出すことや洗浄機能向上にたくさんの合成化学物質(いわゆる界面活性剤)が含まれているものがあります。

 

また事実、スーパーやドラッグストア等で売られている安価なシャンプーを使っている方は多いものです。ビューティ情報サイト「BERITE」が行ったアンケートで、1,000円以下のシャンプーを使っている方が大部分という結果がありました。

 

(参考)シャンプーは1000円未満、トリートメントは2000円以上で購入

 

すべてがそうとは言えませんが、一般的に低価格商品ほど、開封したシャンプーを長持ちさせるために防腐剤なども含まれています。よい香りを出すためには香料も含まれています。

 

つまり、そういった化学物質がたくさん含まれているシャンプーを日常的に使用することで頭皮から吸収されているのです。

 

また、シャンプーを変えることによってかゆみや肌荒れが起きることが多いです。それは、さまざまな化学物質がありますので、そのシャンプーに含まれている何かの化学物質にアレルギー反応を起こしているという可能性は高いです。

ノンシリコンシャンプーのメリット

ドラッグストアなどのシャンプーコーナーを見ていると、最近はノンシリコンシャンプーというものが増えています。その名の通りシリコンの入っていないシャンプーということです。

 

シリコンというのは簡単にいえば髪のコーティング剤です。髪の毛がツヤツヤになったり、指通りのよいサラサラのになったりは、このシリコンのおかげになります。

 

しかし、シリコンは化学合成物質のため、髪の毛そのものにはダメージを与えますし、頭皮にもよい影響はありません。時間をかけて、蓄積した結果に反応が起きる場合も。

 

ノンリシコンシャンプーのメリットは、やはりシリコンが入っていないことによる頭皮への刺激が少ないということです。頭皮のトラブルはだいぶ減少されます。

 

また、髪の毛がコーティングされないために、とても軽やかな髪の毛になります。軽やかでふんわりとした髪の毛はノンリシコンシャンプーの方がアレンジしやすいです。

 

パーマやカラーリングをする場合もしっかり髪の毛に浸透しますので、仕上がりも良くや持ちも長くなります。

オーガニックシャンプーが注目を浴びている

オーガニックのイメージ

 

オーガニックシャンプーがとても注目を浴びています。別ないい方では「ボタニカル」という言葉も徐々に広がってきています。

 

オーガニック=天然成分ということになります。市販されている大半のシャンプーには、シリコンなどその他複数の石油系合成化学物質が含まれています。

 

やはり、その合成化学物質はかゆみや肌荒れの原因となりやすくなっています。大手メーカーの代表的なシャンプーのラインナップでも、まだまだオーガニックシャンプーは少ないのが現状です。

 

しかし、スキンケアなどのオーガニック製品がだいぶ浸透され、それにあたり消費者のニーズも少しずつ変わってきました。頭皮トラブルにシャンプーによる原因がある、ということも少しずつ多くの人が認識し始めています。

 

天然成分で作られているオーガニックシャンプーを作ることによって、髪の毛自体が健康を取り戻し維持できるようになってきます。

 

頭皮も刺激が減り、正常な皮膚を維持できます。従来品の影響下にある頭皮・髪の毛ですので、切り替えてすぐに効果は出てきませんが、1〜2週間使い続けると違いを実感できる人が多いです。