頭皮 かさぶた

すこやか地肌のバナー

頭皮のかさぶたは絶対にはがさないように注意

 

治りかけの傷がかゆい人

 

これは頭皮にかぎらずですが、人間の身体は怪我などで傷ができると、その部分が固まってかさぶたになりますよね。

 

よく「傷の治りかけはかゆい」と言われますが、このかさぶたができている時も、ムズムズとした痒みに襲われることがよくあります。

 

つい痒さのあまり、かさぶたを引っ掻いて剥がしてしまった、という経験があるかたも多いのではないでしょうか。ですがこれ、絶対にしてはいけません。

 

そもそも、かさぶたとは一体何で、その見えない内側では何が起こっているのでしょうか。調べてみることにしました。

 

瘡蓋(かさぶた)とは?

瘡蓋は一言で言えば、傷を保護するための生理現象です。

 

皮膚が何らかの原因で傷つくと、当然ですがその部分の組織は剥がれ、外界に露出することになります。

 

そのままだと、さまざまな雑菌やバイキンを始め、ホコリやアレルゲンなどが自由に傷口から侵入してしまい、状態が更に悪化してしまいます。

 

傷からばい菌が入ったらひどい痛みに襲われることもありますし、最悪の場合その部分が壊死したり、破傷風などに罹患すれば生命に関わることもあります。

 

こうした状態を防ぐためには、傷口が外に露出しないようフタをする必要があり、瘡蓋がその役目を果たしているのです。

 

傷ができるとその部分の血小板の細胞接着分子が活性化することで、血小板同士がかたまります。さらに、フィブリンネットと呼ばれる繊維質も絡みあうことでかさぶたを形成します。

 

ですので、かさぶたは単に血が固まったもの、というわけでもありません。

 

このかさぶたの下(内側)で傷の再生が行われ、やがて治癒していきますが、その途中段階でかさぶたを剥がしてしまうとまだ治ってない傷口がまた露出してしまいます。

 

傷口からしたら「おいおい・・・せっかく中で修復作業をしてるのにフタとってんじゃねーよ」って感じでしょうか。

 

こうなると、また傷の修復サイクルは一からやり直しと同じですし、繰り返すことで傷跡が残りやすくなってしまいます。

かさぶたを剥がすことの悪影響

前述した「傷跡が残りやすくなる」ことは頭皮にとっても非常に悪影響です。

 

頭皮のかさぶたを剥がすことで傷や炎症がずっと治らない状態が長くつづいてしまうので、抜け毛がひどくなったり、最悪の場合は傷が治ってもその部分に毛が生えてこないなんてことに。

 

傷の範囲が大きければまるで円形脱毛症のような状態になる可能性もあります。こうなると取り返しがつかないですよね。

 

だから、かゆくて思わず剥がしてしまいそうになりますが、頭皮のかさぶたをめくることは絶対にやめましょう。

 

★当サイトは頭皮のかゆみに悩む管理人がやった対策方法をまとめています。

 

なぜ頭皮のかゆみが治ったのか?取り組んだことのすべて