頭皮 固い 抜け毛

すこやか地肌のバナー

どうして頭皮が固くなってしまうのか

頭皮が固くなっている女性

 

頭皮が固くなってしまうのは、頭皮の血流不良が原因として挙げられます。

 

洗髪、シャンプーによる頭皮への直接のケアはもちろん、普段の食生活や生活習慣によって血行改善が不良が引き起こされ、頭皮を固くしてしまいます。

 

デスクワークなどで一日中同じ姿勢でいることも血流を悪くする原因になりますので、職種によっては、意図せず日々頭皮を固くする状況に置かれてしまっている・・・そんな方もいらっしゃるでしょう。

 

その他、紫外線によるダメージ、ドライヤーの熱といった外部からの刺激や、毛穴にたまった皮脂汚れ(シャンプーで落としきれなかった・洗い残しがあった)なども頭皮を固くする原因になります。

 

頭皮が固いと薄毛や抜け毛が進行しやすい

頭皮と薄毛や抜け毛の関係をきちんと表記すると、「頭皮が固いから」薄毛や抜け毛が進行するのではなく、「頭皮が固くなってしまったことによって」薄毛や抜け毛が進行するのです。

 

先の頭皮が固くなる理由で言い換えると、「血流が悪いから」ではなく「血流が悪くなってしまったから」薄毛や抜け毛が進行するのです。

 

つまり、日々の生活習慣や頭皮ケアの怠りによって今まで正常であった血流が悪くなり、頭皮が固くなる、頭皮環境が悪くなる、毛根に影響する・・・そして抜け毛や薄毛につながっていくのです。

 

頭皮が固いかどうか、自分で見分ける方法は

頭皮の固さには個人差があります。

 

ひとりひとりに生まれつきの頭皮の固さ・柔らかさがあるため、他人と比較して「柔らかいから健康」「固いから不健康」と判断することはできません。

 

普段から固さ・柔らかさを意識しながら頭皮に触れている方ならその変化に気づくことができますが、実際そういった方は少ないのではないでしょうか。

 

是非一度頭皮の状態に注目してみてください。

 

まず、指の腹で自分の頭皮に触れ、ゆっくり前後左右に動かしてみましょう。自分自身の感覚で、固い・柔らかいを感じてみてください。

 

この感覚的な判断の方法として、頭皮と続くおでことの比較が有効です。頭皮と同じくおでこに指の腹をあてて前後左右に動かしてみてください。

 

頭皮で同じように動けば頭皮は柔らかい、おでことは異なり頭皮はほとんど動かないのであれば固いと判断することもできます。

 

突然頭皮が固くなったり柔らかくなったりすることはありません。

 

シャンプーの際などに頭皮を意識して触れ、自分の頭皮の「いつもの状態」を知っておくことが大切です。

 

血行改善に役立つ食べ物や成分は

いろいろな食材

 

では、頭皮を柔らかくするためにどうしたら良いのでしょうか。

 

血行改善には食べ物などによる体の内部からの改善が必要です。血行改善に役立つ食べ物や成分を効率良く摂取して、頭皮環境の改善を目指しましょう。

 

血行を良くするためには、体を温め代謝を上げることが大切です。食事は体を冷やすものを避け、体内を温める食事を中心にします。

 

特に夏場はついつい冷たいものを選んでしまいがちですが、意識的に常温のもの、温かいものを摂ることで代謝を上げることにつながります。

 

(エアコンなどで冷え性になりやすい人も、同様の食事で体を温め代謝を上げることで冷え性が改善されますので、是非実施してみてください。)

 

体を温める食物の特徴としては、色の濃いもの、寒冷地で育つもの、塩気のあるものが挙げられます。

 

豆類、根菜を始め、納豆などの発酵食品、ネギや生姜、スパイスも体を温めるのに効果的な食物です。飲み物はホットドリンクがおすすめですが、特に生姜湯やほうじ茶は体を温める効果があります。

 

口に入れるものはダイレクトに体内の環境に影響しますので、食事だけでなく、飲み物にも気遣ってみてください。

 

また、血行改善に役立つ成分として、ビタミンCがあります。

 

風邪の予防やお肌に良いとされるビタミンCですが、実は血中のコレステロールの代謝を促進する働きがあります。血液をさらさらにしてくれる働きは、血行改善に大きく役立つので、積極的に摂取したい栄養素です。

 

加えて、血餅の予防にも役立つビタミンEも血行改善に有効です。

 

これらビタミンは普段の食事で十分な量を摂取することが難しいのですが、サプリメントなどを利用してうまく補うことが可能です。

 

普段の食生活の見直しとともに利用することによって、効果的に血行改善を目指すことができます。

 

頭皮や首、肩のマッサージも有効

頭皮マッサージ

 

血流をよくするためには、マッサージも効果的です。

 

頭と体をつなぐ首や肩の血流が悪いと、必然的に頭皮の血流も悪くなってしまいます。首や肩にコリを感じている人は、血流が悪い証拠です。

 

簡単なマッサージで、首や肩の血流を良くしてあげましょう。

 

まず、首のマッサージですが、首を左右交互に倒します。右に倒した時は首の左側面が、左に倒した時は首の右側面が、それぞれしっかり引っ張られていることを意識してください。

 

左右それぞれ5回程度行います。

 

次に、肩のマッサージです。肩をぐっと上に持ち上げ3秒キープ、そして重力に任せてストンと降ろします。これを10回程度行います。

 

固まってしまった体を動かすこと、緊張と緩和が血流に影響します。力任せにコリを押すだけがマッサージではありません。特にデスクワークなどで長時間同じ姿勢になりがちな人は、定期的にこの動きをして、血流が悪くなるのを防ぎましょう。

 

コリが特に気になる人は、コリの部分を手の重みを利用するだけの優しいタッチで撫でてあげてください。

 

皮膚に強い力やこするなどの負荷をかけると、肌のトラブルを引き起こしかねません。体内・体外に関わらず、余計な負担をかけず血流をサポートするのがポイントです。

 

合わせて頭皮マッサージを行うのも良いですが、頭皮マッサージをしすぎると頭皮の毛細血管を傷つけ、余計に頭皮環境が悪くなってしまうことがあります。

 

体が温まり血行が良くなっているバスタイムに、優しいタッチで頭皮をほぐすように触れてマッサージを行ってください。