頭皮 臭い 対策

すこやか地肌のバナー

頭皮が臭いのは行き過ぎたケアの弊害?

頭皮が臭くなる理由について

ちゃんと毎日シャンプーして、トリートメントをしているのに、何故か朝起きると頭皮が臭い?という覚えのある人は多いのではないでしょうか。
頭皮は人の体の中で一番毛穴の多い部位です。そして一番皮脂を分泌する部位でもあるのです。毛穴に皮脂がとてもたまりやすい部分であるにも関わらず、髪に覆われているので、しっかりとお手入れをしてあげないと皮脂が溜まっていく一方になってしまいます。汗と皮脂はとても相性が悪く、臭いの発生源はその2つです。そして、髪の毛に覆われているため、臭い成分が髪の毛に吸着して、さらに臭い成分を発酵させてしまいます。刺激の強いシャンプーにも原因があり、皮脂を落とし過ぎて頭皮からの皮脂過剰分泌を招く場合もあります。その他、食生活にも由来し、過剰な皮脂分泌を招いている場合もあります。
また、シャンプーなどの洗い残しがあると、それが雑菌の栄養になって繁殖してしまいます。過酸化脂質という物質が増え、特有の臭いを発するのです。洗い上がりのまま、濡れた髪のままで寝てしまうのも臭いが発生します。なので、自然乾燥をしっかりさせてから寝るか、ドライヤーでしっかり乾かしてから寝るかにした方がよいです。

 

頭皮の臭い対策@(シャンプー・トリートメント)

頭皮への刺激が強いシャンプーというのは、良くないのでは?とされてきています。刺激が強いことによって、肌荒れやかゆみを引き起こす場合もありますし、皮脂をすっかり洗い流してしまうことによる皮脂の過剰分泌を招く場合もあります。頭皮の臭いがシャンプーを変えたらなくなってきたという人もいます。
そういった理由を背景にアミノ酸系シャンプーが注目を浴びてきているのですが、アミノ酸というのは人の体を構成する成分のひとつで、頭皮や髪の毛を構成する成分になっています。そのため、アミノ酸系シャンプーというのは低刺激で且つ肌にとても優しいということになります。美容室や育毛サロンなどでは、市販されているものよりはとても高級ですがアミノ酸系シャンプーを使っていることが多いのです。洗浄力が弱いのがデメリットで、どうしても使用感になれないという人もいますが、頭皮トラブルが多いなぁと感じる人はおすすめのシャンプーです。
また、リンスやトリートメントは髪の毛にはとてもよいですが、頭皮にはあまり良くありません。余分な油分を与え過ぎてしまいますし、毛穴詰まりの原因にもなります。そのため、なるべく頭皮にはつけず、特に頭皮の部分はしっかりよく流してください。

 

頭皮の臭い対策A(食生活の改善)

頭皮の臭いが気になる場合には、食生活が影響していることも多いです。皮脂の過剰分泌を促し臭いの元となる食べ物には、脂肪や動物性タンパク質が挙げられます。脂っこいものですね。肉や揚げもの料理、インスタント食品、スナック菓子などの脂質の多いものや、ケーキやアイスクリームなどの脂肪分の多いものになります。
もちろん、動物性タンパク質や、脂肪分というのは必要な栄養素です。食べないことは、体によいわけではありません。ただし、臭いを防ぐためや健康を維持するためにも、しっかりと野菜を食べた方がよいです。特にビタミンA・B・C・Eを含む食材には臭いの元となる成分の分泌を抑制してくれます。バランスのよい食生活をすることによって、頭皮の臭いがなくなった!という人も多いので少し見直してみてください。