頭皮湿疹 原因 対策

すこやか地肌のバナー

やっかいな頭皮湿疹とは?

頭皮湿疹

 

頭皮は髪の毛があるので見た目にはけっこうわかりにくいですが、じつはいろんな肌トラブルが起きやすい箇所です。

 

なかでも代表的なのが「湿疹」。頭皮に湿疹がある諸症状を頭皮湿疹といい、さまざまな症状に悩まされることになります。

 

その原因として大きく「乾燥によるもの」「脂(皮脂)によるもの」に分けることができます。それぞれの特長をまとめてみました。

 

乾燥による頭皮湿疹

 

こちらはたとえば、顔や全身の肌が乾燥気味にかたに多い頭皮湿疹で、皮脂欠乏性湿疹とよばれたりもします。

 

文字通り、皮脂が不足することによって肌がむき出しになり、さまざまなトラブルがおきる状態です。

 

もともと乾燥肌の方はなりやすいですが、たとえば日常的に洗浄力のきついシャンプーを使っていたり、十分な睡眠が取れないなど不規則な生活をすることで引き起こしたりもします。

 

また、冬場など気温がさがり皮脂分泌が悪くなることで肌が乾燥しておきる場合もあります。

 

乾燥した肌は自然のヴェールである「バリア機能」が剥がれた状態なので、アレルゲンや汚染物質をはじめ、自分の汗など、さまざまな刺激の影響を受けやすくなります。

 

するとかゆみが起き、かゆくて掻き壊すことで肌の状態はますます悪化するので、そのままにしておくと悪くなっていく一方になります。

 

これはまさに、痒みの負のスパイラル。一度ハマるとなかなか抜けだせません。

 

脂(皮脂)による頭皮湿疹

 

乾燥した頭皮はまずいですが、逆に皮脂によって過剰に脂ぎった状態も頭皮湿疹の原因になります。

 

もともと皮脂分泌の多い方、おでこや鼻などがしょっちゅう皮脂でテカっている、という方は頭皮の脂漏性皮膚炎に気をつける必要があります。

 

なぜ、皮脂が多いと湿疹の原因になるのでしょうか?しっとりしているから良さそうなものなのに?と思う方もいるかもしれません。

 

確かにある程度の潤いは肌に必要ですが、問題は「カビ」にあります。マラセチア菌というカビの一種があるのですが、これが人間の皮脂を餌にどんどん増殖するのです。

 

このマラセチア菌は人間が持っている常在菌なのですが、増えすぎることで皮脂の分解が過剰になり、炎症の原因となる遊離脂肪酸を作ることが問題になります。

 

頭皮はもともと皮脂分泌の多い場所なので、汚れや雑菌がたまりやすい場所です(一日中頭を洗わずにいるとすぐ臭いがしてきます)。

 

脂漏性皮膚炎を防ぐには、まず炎症が起きている部分に薬や保湿剤などをしっかり塗りつつ、こまめに頭を洗って清潔にすることが重要です。

頭皮湿疹の治療方法は?

ステロイド軟膏

 

乾燥性にしても脂漏性にしても、頭皮に炎症が起きていることは変わりがないので、まずは頭皮の炎症を鎮めることが第一になります。

 

そのためには、アトピー性皮膚炎の治療でもよく使われるステロイド剤(副腎皮質ホルモン)を使うのがもっとも適切で、お金も安くすみます。

 

頭皮は髪の毛が密集しているので、固い軟膏やクリームは塗りにくいので、さらさらのローションタイプのステロイド剤を処方してもらうのがいいですね。

 

炎症をステでしっかり鎮めてから(だいたい見た目に炎症がなくなってもしばらく(2〜3週間くらい)は薬を塗り続けることが大切です。

 

こうして肌の疾患を鎮めてから、つぎはローションや美容液など肌よく常用できるアイテムをしっかりと使い続けることで、やがて健康な肌は蘇ってきます。

 

ここまでにある程度期間がかかりますが、けっして焦ってはいけません。毎日コツコツ、定期的にしっかり薬や保湿剤をつかっていきましょう。